MENU

自営業者も消費者金融を利用できる

景気はまだまだ一頃に比べると低迷の状況にあり、物価高騰や増税の為に給料も大幅にダウンしている状況と言えます。そんな中、会社にいつまでもしがみついている事に見切りをつけて、会社を退職し起業をしようとする方も増えているようです。
起業をして順調に経営を進めている中でも時には手元に資金が無くなる事もあるでしょう。そのような時にはお金を借りる必要があります。自営業者という立場でもお金を貸してくれる先を考えるならば、選択肢はいくつかあります。

 

お金を貸してくれる先と言えば親や兄弟、友人や知人が真っ先に頭に浮かぶものだと思いますが、借りる事ができるのかどうかは金額にも寄ります。また銀行での借入れは審査に時間が掛かる事や審査の厳しさもあります。
次の入金までの「つなぎ資金」を調達したい時、消費者金融でキャッシング利用するのも一つの方法と言えるでしょう。

 

 

【消費者金融でキャッシング利用をするメリットとは】

 

キャッシングのメリットは大きく分けると3つあります。
1.インターネット申込み等が利用できる事で申込みが簡単である。
2.ATM利用ができるので楽にお金を引き出す事ができる。
3.低金利の為に早く返済する事で利息も少額となる

 

このことからキャッシングを上手く利用する事で、資金の不足にも柔軟に対処をする事ができるようになります。ただし消費者金融での利用限度額は300万円から500万円となっていても、初めての利用でこのような高額の枠を得る事は難しいです。初めの借入れでは多くても30万円や50万円程になるかと思います。50万円を超える場合には総量規制により収入証明書の提出が義務化されています。

 

またクレジットカード会社でもキャッシング枠を利用する事で、申込み不要でキャッシング利用が可能です。この場合にで初めての利用では20万円程のキャッシング枠になっている事が多いです。

 

キャッシング枠というのは初めから大きな枠を付けて貰う事は難しく、利用の履歴を作って行く事で段階的に大きな枠へと移行をして行く事ができます。それでも消費者金融やクレジットカード会社での借入れは年収の1/3以下までと決められているので、利用できる金額には上限があります。

 

 

【予め返済日を決めてつなぎ資金のキャッシングを行う】

 

お金を借りるという事は必ず返済をする義務を負っているという事になります。無利息期間のあるキャッシングを利用しているので無ければ、利息も掛かって来ます。それでも利息は先程も触れたように早く返済をする事で少ない利息の支払いで済みます。つなぎ資金としてお金を借りた場合には、入金があったら直ぐに返済をするという事を基本にしてキャッシング利用しましょう。予め返済日を決めておいて一括返済をする事で上手な消費者金融の利用が可能になります。

 

今すぐ借り入れしたいならコチラ!【お金を借りる方法ナビ】

はじめてさんのキャッシング体験

初めてのキャッシングは、多くの人の場合、切羽詰まって、やむなくキャッシングを利用するパターンなのではないでしょうか?

 

きっと初めての経験ですし、借金を背負うという感覚で緊張するかもしれませんが、実際に利用して、終わってみればあっけない感じだと思います。

 

  • 今月はショッピングが多かったし旅行も行ったけど、クレジットカードの支払いは大丈夫かな・・・?
  • とカードの明細を見てみると、自分でも驚くほどの請求金額になって、クレジットカードの引き落とし日を確認したら、もう何日もない!
  • 引き落とし口座にこの日までに入ってくるはずだった入金が遅れていて、残高が足りない!

 

と、こんな状況でキャッシング利用に至ったはじめてさんの体験を書いてみます。

 

 

 

彼は当時34歳で年収700万円の自営業者でした。
クレジットカードの支払いのため、すぐに30万円を用意しなればならない状況でした。

 

審査が厳しい印象の銀行カードローン

 

彼は初めに、三菱東京UFJ銀行とオリックス銀行のカードローンに申し込みました。インターネット申込をすると、20分ほどで審査結果の連絡があり、審査には通りませんでした。異様に回答が早い場合は、審査に落ちる場合かもしれませんね。
それなりに収入があり、はじめての利用なので他社からの借り入れもなく個人信用情報にキズもないので、審査には通りやすいはずだと思って申し込んだわけですが、結果は思い通りにはなりませんでした。

 

彼の場合、自営業者だという点がネックとなり、年収がそこそこあるにも関わらず審査に通らなかったと思われます。自営業というのは、得てして収入が不安定になりがちです。今月は収入が多くても、来月からも安定して収入があるとは限らないと判断されて、銀行のカードローンの審査に通ることは難しいようです。

 

そこで彼は銀行カードローンは諦め、消費者金融のキャッシングを利用できないかと考えました。

 

安心して借りやすい印象の消費者金融

消費者金融のキャッシングの場合は、はじめての契約だと借入限度額が10万円や20万円など比較的低い金額になることも多いので、30万円借り入れるため、彼はネットから2社同時に申込をしました。(※通常は2社同時に申し込むのは審査に通りにくくなるので、おすすめできません)

 

プロミスに借り入れを申し込んだ

彼はまず、オススメしているサイトが多い、プロミスに借り入れを申し込みました。結果は、プロミスで、無事審査に通り、20万円借りることができました。

 

アコムでの借り入れは失敗!

次にアコムでキャッシングを申し込んでみたところ、限度額は10万円となったものの、収入証明書類を提出することで30万円に限度額を増額できました。

 

アコムは実は三菱東京UFJ銀行カードローンの保証会社となっており、審査はアコムが行っています。しかし今回の件で、同じ会社が審査を行っていても銀行と消費者金融では審査基準が違っていることがわかりました。

 

プロミスでも、初めは限度額は10万円でしたが、オペレーターと話している途中で、なぜか30万円まで借り入れ可能と言われました。

 

アコムもプロミスも、初めは限度額10万円を提示されているので、クレジットカードの支払い用の30万円に足りなくなるところでした。自営業者は消費者金融でも審査は通るものの、限度額が小さくなるようです。

 

さらにアイフルに申し込んだ

アコムとプロミスからの借り入れでクレジットカードの請求は支払うことができましたが、彼はその後、仕事が軌道に乗り、入金も出金も多くなったため、数ヶ月した頃またお金を借りることにしました。

 

アコムかアイフルで増額しようと思っても、クレジットカードの時の契約から6ヶ月も経っておらず、キャッシングの増額は契約から6ヶ月以上の利用と返済実績がないとできません。
借金を返している最中なのに、これ以上借りるのは難しいと踏んで、新たにアイフルで申込をしました。

 

借金返済中なので、銀行カードローンは前回以上に審査を通るのは難しいと思い、消費者金融のアイフルに申し込んだところ、あっけないほど簡単に審査に通りました。消費者金融で3社目は審査に通るかどうかわかりませんでしたが、個人信用情報にキズがあったわけではないので大丈夫だったようです。

 

その後は仕事も順調で、借り入れは一括返済し1年後ぐらいに三菱東京UFJ銀行カードローンの審査も通ることができました。
今では彼はカードローンの利用の際は、三菱東京UFJ銀行を使うようにしています。

 

体験談まとめ

34歳で年収700万円の自営業者が30万円借りようと初めてキャッシングをした場合に、まず銀行カードローンは2社連続で審査に落ちましたが、消費者金融ではアコムとプロミスで30万円借りることが出来ました。半年後、返済中でしたが3社目からも借入ができ、一括返済した1年後は銀行の審査も通りました。