MENU

自営業者も消費者金融を利用できる

景気はまだまだ一頃に比べると低迷の状況にあり、物価高騰や増税の為に給料も大幅にダウンしている状況と言えます。そんな中、会社にいつまでもしがみついている事に見切りをつけて、会社を退職し起業をしようとする方も増えているようです。
起業をして順調に経営を進めている中でも時には手元に資金が無くなる事もあるでしょう。そのような時にはお金を借りる必要があります。自営業者という立場でもお金を貸してくれる先を考えるならば、選択肢はいくつかあります。

 

お金を貸してくれる先と言えば親や兄弟、友人や知人が真っ先に頭に浮かぶものだと思いますが、借りる事ができるのかどうかは金額にも寄ります。また銀行での借入れは審査に時間が掛かる事や審査の厳しさもあります。
次の入金までの「つなぎ資金」を調達したい時、消費者金融でキャッシング利用するのも一つの方法と言えるでしょう。

 

 

 

【消費者金融でキャッシング利用をするメリットとは】

 

キャッシングのメリットは大きく分けると3つあります。
1.インターネット申込み等が利用できる事で申込みが簡単である。
2.ATM利用ができるので楽にお金を引き出す事ができる。
3.低金利の為に早く返済する事で利息も少額となる

 

このことからキャッシングを上手く利用する事で、資金の不足にも柔軟に対処をする事ができるようになります。ただし消費者金融での利用限度額は300万円から500万円となっていても、初めての利用でこのような高額の枠を得る事は難しいです。初めの借入れでは多くても30万円や50万円程になるかと思います。50万円を超える場合には総量規制により収入証明書の提出が義務化されています。

 

またクレジットカード会社でもキャッシング枠を利用する事で、申込み不要でキャッシング利用が可能です。この場合にで初めての利用では20万円程のキャッシング枠になっている事が多いです。

 

キャッシング枠というのは初めから大きな枠を付けて貰う事は難しく、利用の履歴を作って行く事で段階的に大きな枠へと移行をして行く事ができます。それでも消費者金融やクレジットカード会社での借入れは年収の1/3以下までと決められているので、利用できる金額には上限があります。

 

 

 

【予め返済日を決めてつなぎ資金のキャッシングを行う】

 

お金を借りるという事は必ず返済をする義務を負っているという事になります。無利息期間のあるキャッシングを利用しているので無ければ、利息も掛かって来ます。それでも利息は先程も触れたように早く返済をする事で少ない利息の支払いで済みます。つなぎ資金としてお金を借りた場合には、入金があったら直ぐに返済をするという事を基本にしてキャッシング利用しましょう。予め返済日を決めておいて一括返済をする事で上手な消費者金融の利用が可能になります。

 

お金を土日に借りる方法